So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

第190回新城AGC開催案内 [告知]

第190回新城AGCを開催します。

日時:7月28日(日) 8:30~17:00(8:30開場、17:00までに撤収)

場所:新城地域文化広場(旧名称:新城文化会館) 102会議室

会費:300円

ボードゲーム:持ち込み大歓迎

梅雨時の新城AGCとなります。
ジメジメした天気が続いてますがそろそろ梅雨明け、空調の効いた部屋で、ゲームを遊んで楽しい時間を過ごしましょう。

連絡:
①主催の自分は極力開場時間に間に合うようにしますが、もし開場時間になっても部屋が開場されていない場合は、事務所にてそのむね伝えていただき、カギを受け取り開場ください。到着次第、事務手続きを行います。
②参加への事前連絡は不要ですが、ゲーム会の性質上、事前に出席連絡(会場入り予定時間)を連絡いただけると助かります(ボードゲームについてはその時間帯に終わるよう、ある程度配慮できるため)。

追記:
今後の予定
8月:会場と主催者都合により8月分は9月1日に振り替えます。
9月:9月1日、9月22日です。
nice!(0)  コメント(0) 

第189回新城AGC報告 [報告]

第189回新城AGCを無事終了しました。

会場入りすると自分を含め2名。
2人では、ちょっと、ということで少し待てど人が現れず、仕方ないので2人で、ということで『イノベーション』を準備してもらっていると1名来場。
人数を3人に変更してイノベーションスタート。
イノベーションは発表されてからもうだいぶたつ文明発展カードゲーム。カードに書かれたアイコンとテキストによって効果を上手に使っていくことで勝利を目指す。ただ、カードの効果が曲者で、モノによっては1枚のカード効果によって戦況が大きく変わることはざら。慣れるまではカード効果とにらめっこになることが多いけれど、慣れてくるとこのピーキーなバランスが癖になる。

次に遊んだのは到着したばかりの『プラネットメーカー』。
12面体のプラ製ボードにタイルをはめていき、動物たちの繁栄しやすい星を作っていく。
ルール自体はとてもシンプルなのだけれど、今回遊んだ2戦とも引きが悪いのか運が悪いのか、動物カードがほとんど取れず2戦とも撃沈。相性悪いのかなぁ。
少なくとも、初期目標カードは達成が難しい、というのはよくわかった(苦笑)。

次に遊んだのはタカさんの『カタン』のバリアントルールのテスト。
原始時代から未来までをカタンで再現するとどうなるか?というものらしい。
カタン自体は説明するまでもない有名ゲーム5種類の資源とそれを産出する5種類の地形に自分の村や都市を建設していく。
今回のルールでは、時代を進めるためには自分の都市、村、街道を規定数撤去しないといけない。そして未来時代へいち早く到達した人が勝利という。
ルール上、時代を進めると一時的に盤面が弱くなってしまうため、それをどうリカバリーするかが肝と判断。とりあえずの方針としてなるべく盤面に村と都市を設置してから時代を進めることに。
ところが、今回初期配置で赤い数字に1つも触らなかったこと、村と都市の隣接タイルの数字が被りまくったことで資源の入りが悪いという事態に。まぁ、なるべく多種の資源が出るようにした結果なので、これは織り込み済みではあったのだけれど、やはり苦しい選択だったと。
そんなわけで、周りが時代を進めていく中一人原始時代が長く続く展開。1名が2時代進んだところでようやく1時代進めるも、やはり盤面が弱く、また資源量で大きく離され追いつけず。

次は『ネビュラ』。発売された当時、『ブラス』の簡易版的な話を聞いて興味はあったのだけれど、値段がそこそこ高かったこともあって断念していたものがGPが日本語版を出すにあたって、資源駒でコスト削減を図り、かなり手に入れやすい値段に押せてくれたことで今回入手した次第。
ファンタジー世界ではあるけれど、資源産出、資源の輸送、建築となじみの要素がワレス流にアレンジしており、なかなか悩ましい。今回2戦遊んだけれど、低コスト建物を急いで建てる作戦で進めてみると、なんとか1戦目勝利。2戦目は完全同着1位という結果。高コスト建物は持久戦モードにならないとつらいか?という印象。

最後、『箱庭鉄道』。
発売された時から興味があった鉄道ゲーム。といってもかなり大胆に簡略化されており1ゲームが短い。けれど、株と敷設が絶妙の悩ましさで、考える考える。
2ゲーム遊んだけれど、1ゲーム目はよくわかってない中でのビギナーズラック。2戦目はコテンパンという両極端に。難しい。


次回は7月23日(日)です。
会場はいつもと同じ。
皆さんの来場をお待ちしています。
nice!(1)  コメント(0) 

第189回新城AGC開催案内 [告知]

第189回新城AGCを開催します。

日時:6月23日(日) 8:30~17:00(8:30開場、17:00までに撤収)

場所:新城地域文化広場(旧名称:新城文化会館) 102会議室

会費:300円

ボードゲーム:持ち込み大歓迎

梅雨時の新城AGCとなります。
ジメジメした時期ですが、空調の効いた部屋で、ゲームを遊んで楽しい時間を過ごしましょう。

連絡:
①主催の自分は極力開場時間に間に合うようにしますが、もし開場時間になっても部屋が開場されていない場合は、事務所にてそのむね伝えていただき、カギを受け取り開場ください。到着次第、事務手続きを行います。
②参加への事前連絡は不要ですが、ゲーム会の性質上、事前に出席連絡(会場入り予定時間)を連絡いただけると助かります(ボードゲームについてはその時間帯に終わるよう、ある程度配慮できるため)。

追記:
今後の予定
7月:7月28日です。
nice!(0)  コメント(0) 

第188回新城AGC報告 [報告]

第188回新城AGCを無事終了しました。

今回は人数少な目で3人。
朝から比較的時間のかかるゲームを遊び、終わってみれば3ゲームのみという結果。

遊んだゲームは、
『GENTES』
タイルを取ってアクション実施し時間を経過させる文明発達系。時間管理が肝で、やりたいことはあれこれあれど、時間をたくさん使うアクションばかりしていると、すぐにアクション出来なくなる。時間は分割支払いできるのだけれど、分割にすると、次のラウンドにその分が持ち越され使える時間が少なくなるので塩梅が難しい。

『グレートウエスタントレイル(拡張込)』
北部にも線路が延びるようになり、より複雑に。できることが増えた分見通しがちょい悪くなったけれど、遊びこんだ人にはこれぐらいの方がいいのかも。
惜しむらくは、どうしても時間がかかる。3人でも約2時間半の長丁場、ちょっとしたミスが終盤まで響くので、もう少し短縮ゲーム的なものがあるとよかったかな。

『スターシップサムライ』サムライメックを使い星々の覇権を争う。やたらでかいメックフィギュアが目立つが、やることは比較的シンプルなエリアマジョリティー。3ラウンド開始までトップだったけれど、終わってみれば最下位。ちょっと目立ちすぎな立ち回りがひびいた。カードの効果が結構ひどいものがあるため、いかにうまくカードを引くか?、また使用にはコストがあることが多いので、そのコストをどうするか、というのも悩ましいです。とはいえ、かなりの直接打撃系ゲームなので、アメゲーよりなシステムが受け付けられない人は触らないが吉。

次回は6月23日です。
皆様の参加をお待ちしています。
nice!(0)  コメント(4) 

第188回新城AGC開催案内 [告知]

第188回新城AGCを開催します。

日時:5月26日(日) 8:30~17:00(8:30開場、17:00までに撤収)

場所:新城地域文化広場(旧名称:新城文化会館) 102会議室

会費:300円

ボードゲーム:持ち込み大歓迎

GW明けの新城AGCとなります。
行楽季節で予定も多いかと思いますが、ゲームを遊んで楽しい時間を過ごしましょう。

連絡:
①主催の自分は極力開場時間に間に合うようにしますが、もし開場時間になっても部屋が開場されていない場合は、事務所にてそのむね伝えていただき、カギを受け取り開場ください。到着次第、事務手続きを行います。
②参加への事前連絡は不要ですが、ゲーム会の性質上、事前に出席連絡(会場入り予定時間)を連絡いただけると助かります(ボードゲームについてはその時間帯に終わるよう、ある程度配慮できるため)。

追記:
今後の予定
6月:6月23日です。
nice!(0)  コメント(0) 

第187回新城AGC報告 [報告]

平成最後の新城AGC、よくよく考えると、今回、自分、メール案内を忘れてた。
そのせいもあってか、参加者は自分を含め5人。

遊んだゲームは、以下の3つ。

『故障袋(豪商)』
最近リメイクの出た『フランチャイズ』の元ゲー。商館を建てれば建てるほど収入が減っていくというのがジレンマ。それでも商館を建てていかないと得点にならないからチキンレース的に建築ラッシュ。古き良きシンプルゲー。お金がすぐ無くなるので新天地を開拓するのが大変なのと、エリアボーナスをしっかり狙っていかないと、トップに絡むのは難しい。

『アメンラー カードゲーム』
ボードゲーム『アメンラー』をもとにカードゲーム化したもの。コンポーネントがすっきりしたけれど、内容はやはり『アメンラー』で競りのジレンマが楽しめる。競りの値付けが少しマイルドになったけれど、十分悩ましい。競りの時代が3段階になったこと、得点方法がすっきりしたこともあってプレー時間も短縮されている。

『グレートウエスタントレイエイル』
牛ゲー。ずいぶん前に自分も購入していたけれど、なかなか遊ぶ機会がなく、今回初めて遊べた。選択肢がいくつもあり、あれもこれもとやりたいと思っているとゲームが終わる。トップとはダブルスコアの大敗。能力値を上げてデッキを圧縮するのが強そうな戦略っぽいけれど、他の方法でも何とかなりそうな予感はある。いろいろ試してみたいと思わせる良いゲーム。拡張の日本語版が最近出たけれど、混ぜるとどうなるかも気になる。

次回は5月26日(日)です。会場は同じ、皆さんの参加をお待ちしています。

8時間半で3ゲームというのは少し少ない気もするけれど、ガッツリ遊べました。
nice!(1)  コメント(0) 

第187回新城AGC開催案内 [告知]

第186回新城AGCを開催します。

日時:4月28日(日) 8:30~17:00(8:30開場、17:00までに撤収)

場所:新城地域文化広場(旧名称:新城文化会館) 102会議室

会費:300円

ボードゲーム:持ち込み大歓迎

GW連休の新城AGCとなります。
行楽季節で予定も多いかと思いますが、空調の効いた暖かい部屋でゲームを遊んで楽しい時間を過ごしましょう。

連絡:
①主催の自分は極力開場時間に間に合うようにしますが、もし開場時間になっても部屋が開場されていない場合は、事務所にてそのむね伝えていただき、カギを受け取り開場ください。到着次第、事務手続きを行います。
②参加への事前連絡は不要ですが、ゲーム会の性質上、事前に出席連絡(会場入り予定時間)を連絡いただけると助かります(ボードゲームについてはその時間帯に終わるよう、ある程度配慮できるため)。

追記:
今後の予定
5月:5月26日です。
nice!(1)  コメント(0) 

第186回新城AGC報告 [報告]

第186回新城AGCを無事終了しました。
久々の参加者を含む6名でのゲーム会となりました。

遊んだゲームは以下の通り。
『ダイヤモンド倶楽部』
契約書、輸送船、掘削抗のセットを作り宝石を集めて自分の邸宅の庭の施設を充実する。
色々序盤から勘違いしていたところがあったけれど、ボーナスをうまくゲットできてトップ。
なかなか良いセットを作るのが難しく、動物タイルで終了フラグを立てられ追いつかないかなぁ、と思っていただけに意外な感じ。いくつかエラッタが発売後に出たらしく、チューニングの粗さが問題だけれど、知らないなら知らないなりに遊べたかな?

『SAKURA』
天子様の桜のお花見を絵に買おうとする絵師の場所取り合戦。天子様のマスと同じもしくはそれ以上前に出てしまうと天子のご不興を買ってしまうため、いかにうまく裏を取るかが面白い。今回6人で遊んだため全員の思惑でかなりカオスの展開。まぁ、わいわい言いながら遊ぶファミリーゲームとしてはいい感じかな?

『ミスティックベイル』
デッキ構築系。各カードは上中下の3つの枠があり、そこに透明なカードを購入してカード自体を強化していく。前回の反省事項をしっかり忘れており、同じミスを。このゲームでは序盤はある程度リスクを恐れずマナをためる必要があった~。思い出したころには1人同窓状態で、残りの3人は結果ダブルスコア状態。難しい。

『ガンジスの藩王』
名誉点トラックとお金のトラックが1番最初にぶつかった人が勝利するという不思議な感覚のゲーム。終盤、あっという間に進み収束するのでラウンドの時間感覚は気を付けたい。ワーカーをどのトラックから回収するか、どこを伸ばして点を稼ぐかが肝か?

参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

次回は4月28日(日)です。
皆さんの参加をお待ちしています。
nice!(1)  コメント(0) 

第186回新城AGC開催案内 [告知]

第186回新城AGCを開催します。

日時:3月24日(日) 8:30~17:00(8:30開場、17:00までに撤収)

場所:新城地域文化広場(旧名称:新城文化会館) 102会議室

会費:300円

ボードゲーム:持ち込み大歓迎

そろそろ桜淵では桜が咲きそうな季節の新城AGCとなります。
花より団子と行きたいところですが、空調の効いた暖かい部屋でゲームを遊んで楽しい時間を過ごしましょう。

連絡:
①主催の自分は極力開場時間に間に合うようにしますが、もし開場時間になっても部屋が開場されていない場合は、事務所にてそのむね伝えていただき、カギを受け取り開場ください。到着次第、事務手続きを行います。
②参加への事前連絡は不要ですが、ゲーム会の性質上、事前に出席連絡(会場入り予定時間)を連絡いただけると助かります(ボードゲームについてはその時間帯に終わるよう、ある程度配慮できるため)。

追記:
今後の予定
4月:4月28日です。

nice!(0)  コメント(0) 

第185回新城AGC報告 [報告]

第185回新城AGCを無事終了しました。

今回遊んだゲームは以下。

①『エクストリーム将棋』
盤の形がダイスで変わり、さらには持ち駒さえもダイスで決まるという変則将棋。駒の配置も衝立で各々が決めるため、一斉にオープンにした時のカオスっぷりは半端ない。
コマの動き、2歩、打ち歩詰めは通常の将棋に準じているけれど、成りゴマは相手の陣地(自分の盤)に入れば、もしくは相手陣地から自陣に戻れば成れるということを失念しがちで難しかった。なかなか駒得の状況が作れず、結果悪手で負け。将棋のルールさえわかっていればインストの手間はほとんど必要のない優秀ゲーム。でも、勝つのはやはり難しい。

②『スプリングメドゥ・春の草原』
ウヴェ先生のパズル3部作の最後。ようやくプレーできた。
相変わらずタイル選択の悩ましさ、配置の難しさが効いていてパズルチックなゲームが好きな人には面白いんじゃなかろうか?。
2ポイント先取なんだけれど、結局1ポイントも取れず。
同じようなタイルゲームでこれだけ変化をつけられるのもさすがだなぁ、と感じさせる。とはいえ問題がないわけでもなく、こういったパズル系タイル配置ゲームは結局のところ1つあればいいんじゃないか?という話で、ルールは違えど大きな変化ではなく、同じ作者のワーカープレイスメントゲームに通じるものがある。あちらも基本、やることはそんなに差があるわけではなく、結局気に入った1つがあればいい、という気になる。出版の間が空いていればもう少し新鮮な気持ちで遊べたかもしれないけれど、こう毎年出ては新鮮味に欠けてしまう。

③『ニュートン』
カードプレーでアクションしていくのだけれど、プレーしたカードの中から毎ラウンド1枚ボードの下に差し込む(次に同じアイコンのアクションをする際のアクション値が向上し、より効果的になる)ため、毎ラウンド1枚程度は購入が必要になる(しないといけないわけではないけれど、ラウンド開始時に手札が5枚ないとカードが不足しアクション出来なくなる)という自転車操業。また2枚のボード上の円形チットは早い者勝ちで獲得出来、5種類あるアクションで何を主に動くかというのも悩ましい。考えどころが多く、他のプレイヤーとの絡みもそこそこあるのに毎手番ウンウンいいながら悩むのは面白かった。ただ、発明と発見がテーマの割にはそこが前面に出ているわけではなく、今一歩テーマとの融合性に欠けているかな?というのも感じた。まぁ、ゲーム中はそんなことは関係なしに楽しんでいたので些細なことですが・・・。

④『スモールワールド(全部入り)』
天空、地上、地下のマップが積層所に配置され、種族も全部入りになってることでカオス度マックス。今回最初に撮った種族で粘りすぎて得点が伸びず失策。やはり初期種族は2ラウンドくらいが限度だなぁ。10点台をコンスタントに出す事が出来ず8ラウンドで80点に全然届かず(72点)。
基本ルールが比較的シンプルでウォーゲームを知らない人にも勧められる稀有なゲーム。
種族と能力により、恐ろしいほどの数の組み合わせが出来、何回遊んでも初めての組み合わせとなり同じ展開にならないところが良い。ざっと数えて種族、能力それぞれ拡張まで入れれば40種類ずつくらいはあるはずだから、単純に掛け合わせで1600種類の組み合わせ。何回遊べば全部の組み合わせを体験できるのか?
何気にボードが人数ごとにきちんと用意されているので、ボードがスカスカとか、密集しすぎてつらいと追うこともない。
しいて難をあげるなら、基本、先手側が有利になっていること。盤面への展開は先手番ほど楽で、最終ラウンドも先手番から抜けていくため、後手番の嫌がるプレーがしやすい。
色々書いたけれど、それでも5人まで(拡張マップでは6人までできるものもある)遊べて毎回違う展開になる良いゲーム。

参加者の皆さん、お疲れ様でした。

次回は3月24日(日)です。
ご都合をお合わせの上、参加をお願いいたします。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -